Blog TOPページ | 営業カレンダー | 店内/お持ち帰りメニュー | 地図 お問い合わせ

苦心の坪庭


半日で仕上げたにわか作りの庭。
庭師もやれるかしら(笑)

お蔭様で!

ぎりぎりまで仕上げに掛かりやり残しを抱えながらも、
お蔭様でなんとかオープンに漕ぎ着けました。

ただしカフェの営業にはもう少し掛かります。


これは玄関のステップから中を覗いたところ。
格子の蔵戸を意識したデザインの玄関戸の取っ手には懲りました。

これはまず入ったところ。
右下の小さな韓国の箪笥は20年前、
主人がソウルで買って同行の仲間に笑われながらも、
機内持ち込みにして大事に抱えて帰国したもの。
花が入った焼き締めの花瓶も彼の大学時代の作品です。
ディスプレイしてあるちえさんの洋服は売約済となりました。

テラス側から客席を見たところ。
ペンダントは昨夜やっと仕上げました。

厨房側から玄関側を見たところ。
この前もこの後ろもお花でいっぱいでこの辺はジャングルみたいになってます(笑)
お祝いして下さったみなさんに感謝!

というところで、今日はいいお天気に恵まれて、
カフェ部分の営業が出来ないのは残念でしたが、
お蔭様で素敵なスタートを切ることが出来ました。

今回確かに沢山の費用が掛かりました。
でも、これをやる事がなければ、
玄関脇の車庫は今年も豪雪になれば間違いなく潰れていました。
片付けなければ見えなかった鉄柱はすべて錆びて土台から浮いていたのです。

15年前に越して来た時からすでに古い建物として存在していたこの倉庫。
今、手を入れなければ自動車若しくは人が潰れる結果になった…
そう思うと今回の費用は決して高いものではありません。

無理をして改装に着手するだけの価値は充分あったと思っています。

沢山の遠方の友人に、訪ねて来てくれた友人に、
そして亡き人に支えられたオープン初日となりました。

夜の胡風居

岡山と滋賀から友人がエプロン持参で手伝いに来てくれました。
しかも大学時代の友人たち15人連名のお祝いを持って!

この先この店に来れるか来れないかわからない程、
遠方にいる友人も混じっています。

なんと言っていいか分からない程感激しています。
この場を借りて、
「本当に、本当にありがとう!
 う〜んと儲けてみんなを招待しちゃるからね!!」


今日は家具を搬入した後、坪庭を作りましたから、
二人が片づけと皿洗いを受け持ってくれてとても助かりました。

東側の窓は大きくて希望通り風通しも抜群になったのですが、
窓の外のコンクリートがみすぼらしくてね。

黒を中心にした鉢を買って来てもらい、
庭の潅木(椿・紫陽花・南天・ツツジ)を移植しました。
まわりは竹で囲い小さな戸も付けました。

先日配管工事の時に出て来た沢山の石を取ってもらっておいて、
竹垣の下にぐるりと配置しました。
石と言ってもどれも漬物石くらいの大きさです。
何せここの地名は「石屋」ですから…(笑)

この庭の写真はまたアップしますね。
ソーラーライトを付けたら夜も楽しめそうです。

睡蓮の入った既存の小さな水鉢も置きましたから、
メダカでも入れておこうかなと思っています。

さすがにこの窓の簾は黒色にはしませんでした。
外の竹と合わせてあります。
もう黒に塗装するの、疲れちゃった(笑)
スプレー30本、1斗缶3個分は使いましたからね。
そうそう、その代わり庭土は黒ですよん(笑)

真ん中の花は義姉が夜中までかかって活けてくれたもの。

月をイメージしたお花が入っています。


下の写真は客席からカウンターを見たところ。
基本的に厨房以外は全て間接照明。
少し暗い感じです。

でもほら、女性が綺麗に見えません?

お独り様でも気軽にカウンターに座ってもらえるように、
カウンターとはかなり高い仕切板をつけました。
まだ棚の中の食器は洗ってもらってただ並べてあるだけです。

というのも、ですね。
保健所の検査が来ない!からです。
カフェの営業にはまだ一週間掛かります。

ギャラリーだけの営業の間にみっちりメニューを固めて、
美味しい、しかもここだけの甘いもんを出しますから、
期待しててね!

明日は藍の飾り付けです。
すんばらしい作品がまだ今夜は段ボールで眠っています。

緊急!お礼とお詫び

DMが届いたようで朝から携帯、メールの連続で
嬉しい悲鳴を上げています。

深謝…

そして県外からのご注文の数々ありがとうございます。

更に、感謝…

ただね、
DMにとても大切なことを入れるのを忘れてました。
というよりDMを作った時点では間に合う予定だったんです。

まずその1.電話はまだ開通していません…ぎゃはっ(^^;
壁が仕上がらないので、
NTTの人「電話線付けられない!」って帰ってしまいました。

だからネクストに連絡ください。
これは携帯に転送しているので必ず私が出ます。

で、その2.アイスクリームのカップの本格的な製造はこれからです。
7月始めをめどにしています。
だから注文、もう少し待っててくださいね。

もひとつ、その3.色々ありましてモナカの販売は
しばらくの間、地元での販売のみとさせて頂きました。

一人の職人さんの手作りですので、
様子を見ながらぼちぼちやって行きましょう、と昨日決まりました。

作って下さってるところも繁忙期に入りますし…

作り置きはなるべくしたくなかったので、
段取りの悪さもおおいに関係していますが、
発売後に迷惑を掛けるよりは、と思いまして。


以上3つのこと、
本当にごめんなさいm(_ _)m

いやもっと大切なことDMに入れられなかったので、
ここで恥ずかしながら発表!

HPはブログ以外はまだテスト段階です。

ほんと、どう言ってお詫びしよう(^^;

必ずや軌道に乗せて、
美味しい美味しいアイスクリームを新鮮な内にお届けしますので、
もう少し、お待ちくだされ!!

床塗り・壁塗り

昨日は幸いいいお天気になった日曜日でした。

遅れ遅れになった工事、
お尻に火が付いて来まして追い込みを掛けてました。

もともと主人がアトリエにする為に貼った床は、
合板でも集成材でもありません。
厚みは1寸はあるという米杉の一枚板です。
根太はコンクリートではなくて、
ただ太めの桟に載っているだけなのですが、
どんな大男が歩いてもびくともしません。

いい仕事を残してくれたものだと思います。
また、ここまでしていながら実現に至らなかった
彼の短い人生を思ってしまいます…


とにかく床は塗りました。
厨房はへたくそながら壁のペンキ塗りをして、
床は黒と白の大柄なチェッカーフラッグのカーペットを敷きました。

今から厨房機器の運び込みです。
午後から保健所の検査があります。

保健所とは色々なやり取りがあって、
本来は壁面で囲まないと下りない製造業の申請が通り、
「お持ち帰り」もうたえることになりました。
(あくまでもすったもんだの末の特例ですからね)

ペンキだらけで仕事していた午後、
すんばらしい事がありました。

オークションで落とした衣桁の出品者の方が富山の方で、
直接お会いして品物を受け取ったのですが、
このお店の話をしたら訪ねて来て下さいましてね。

車いっぱいのお土産を持って!

「好きに使ってもらえませんか?」

老舗旅館の蔵出しの食器でした!
しかもどれもとてもお値打ちなものばかり。

来店して下さる方にオープン記念にお渡しすることにしました。

そしてもっと素晴らしいことには、
とてもお若い方なのですが、
すぐ近くに家を買って来月引っ越して来られるんだそうです。

お礼に食べてもらった黒七味のアイスクリームの味に
大感激してくれて「オークションに出したい!と言ってもらいました。

様々な出会いを得た今回の改装でしたが、
主人がいたら出会えなかった…と思うと複雑な思いにもなります。



床が乾いたらいよいよ家具を搬入します。

天井と壁

天井は12坪。
漆喰で塗るつもりでしたが30万かかると聞いて変更(^^;

以前うちで働いてくれた職人さんのアイデアで、
簾を貼ることにしました。

まず天井を黒で下塗り。
これは3時間くらいで終了。

次に6枚分の簾を半日掛けて黒で塗装。
幸い日曜日が晴天でしたので駐車場に広げて乾燥させました。

軽く天井下地にボンドを塗ってタッカー(ホッチキスのでかいやつです)で
パンパンと留めて行きました。

その後スプレーを吹き掛けてタッカーの針頭や塗り残し部分の補正。

ずっと上を向いての作業ですから、
日曜日のお昼から暗くなるまで掛かりました。

うちの者だけでは大変だったのでしょうが、
その「いっさん」に手伝ってもらったのでスムーズに進みました。

材料費は簾が合計5,655円。
スプレーの方が高くついて495円のを15本くらい使ったでしょうか。
総計で材料は13,000円くらい。
別途人件費も少しみておかないとなりませんけどね。

「俺の田舎の家では昔天井が簾だった」
その一言で進めた工事でしたが、
真っ白に仕上がる壁との対比がどうなっていくか、
またUpしますから見てください。

こちらは天井と腰板が仕上がったテラス部分。

「昔の小学校の腰板みたい!」と喜んでたら、
20代30代のスタッフには通じなかったみたいでしたけどね(^^;

座り心地

道楽で商売をやるんじゃない、と思いつつも
うちはあくまでも「企画」をメインとする会社です。

喫茶店で食べて行くつもりはありません。
なあんて強気な発言(^^;

とにかく回転率は問題にしていません。
いかにくつろいでもらえるか、
秘かな隠れ家としてリピーターに利用してもらえるか、
それにはなんと言っても座り心地のいい椅子でしょ。

ということで苦労して素敵な椅子を集めました。


手前のスチール製のは「ベガ」という名前が付いています。
NHKの"プロジェクトX"で司会者が座っていたものと同じ椅子です。
日本の光製作所のものでこれはカウンター用。

真ん中のあぐらをかいても充分ゆったりという椅子も
日本のカンディハウス社製です。
枠は木。
動くのがイヤになる位座り心地抜群の椅子です。

写真左がイタリアカッシーナのLIMAチェアー。
ニューヨーク近代美術館にも納められたすぐれものです。

最初オークションで1脚しか手に入らなかったのですが、
あまりに素敵な椅子で他のものとの組合せがどうしても難しい…
出品者の方に問い合わせみたらちょうどあと3脚持ってらっしゃって
特別に、しかもお安く分けてもらいました。

どの椅子も4脚ずつで、座面は革張りの「黒」にこだわってます。

他に自家製のベンチを作ります。
これはBOX型でキャスターを付けて展示スペースに利用する場合は
移動が可能。
座面は畳、しかもアクセントカラーの赤と白のチェック。
可愛いですよぉ!ちゃんとい草で出来てます。
完成したらUPしますね。
まだ手も付けていませんので…(^^;

テラスに置くのは籐の椅子。
うちにあったものをツヤ消しの黒で塗装しました。

さぁ、どんな方たちにくつろいでもらえるのでしょぅか…


美しい金具類




工事と共にインテリアを確定していくのですが、
忘れてならないのは細々とした金具や把手。

これまた業者用のカタログには無いものを集めてみました。
写真右二つのセットになってるのは、
蔵の戸をアレンジした玄関ドアの把手になります。

長いくるっと巻いた方は正玄関用。
その左の小さいのはペット連れの入口となるドア用です。

左上はトイレットペーパーホルダー。
フック類は蚤の市でただで分けてもらったものも入ってます。
十字型のとかげみたいな形のやつね。

シルバーのスプーンを買った時に見つけましてね。
「これ、いいわぁ」って叫んだら「おまけにあげる」って。
小躍りして帰りました(^^)

他にスイッチプレートは、
洗面所だけ有田焼のを手配しました。


薄い茶色のガラスのドアノブは今回は使いません。
でも、美しいでしょ。
白い方はスタッフ用出入口の黒のドアに付けることにしました。
飾りに真鍮の鋲を打ってもらうことにしています。

これらの出番がある日になれば、
いよいよ完成間近ということになります。


カテゴリー

最新記事

archives

最新コメント

  • 夕張メロンパフェ/6月20日(火)〜
    ゆみ
  • 予告/夕張メロンパフェ
    むー
  • 予告/夕張メロンパフェ
    むー
  • 予告/夕張メロンパフェ
    ゆみ
  • 予告/夕張メロンパフェ
    晴花
  • メロンパフェについて
    むー
  • メロンパフェについて
    むー
  • メロンパフェについて
    さな
  • メロンパフェについて
    ゆみ
  • 沖縄パインパフェ、人気です
    むー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM