Blog TOPページ | 営業カレンダー | 店内/お持ち帰りメニュー | 地図 お問い合わせ

連休中も工事です

二日留守をしている間に外観が出来上がって来ました。

わずか二坪のテラスですが、
既存部分との間に掃き出し窓が付きますので、
どうやら「犬」連れの方にも利用して頂けそうです。

ドッグカフェとまではいきませんが、
散歩の途中に立ち寄られてもOKです。

天井に防音と断熱の処理をしてもらうのは、
終了しました。



この写真では左手に
まだシャッターが付いていた空間が空いていますが、
塞がれて壁面になります。

ここがギャラリー部分です。

ピンを射すこともあるのでここの塗壁は変更して、
ピン跡が残らない壁紙にします。

今日の写真には載せませんが、
ギャラリーの反対側がカフェ。

こちらには大きな窓が二つ付きますので、
ず〜っと先までのどかな田園風景を眺めることが出来ます。
今は水が入った田圃になってますけどね。

駐車場から撮った正面左の小屋根は瓦葺きです。



まだ白い紙に包まれた建物ですが、
壁面は黒、窓には格子が入ります。

一日一日形になって行くのを見るのは楽しみなことですが、
現実に動き出す日を思えばただただ身震いするばかりです(^^;

天井&カウンターその2

ゴールデンウイーク真っ盛りですが、
今日も工事は進んでいます。

ショップ横のスペースは私の車が一台入るだけでしたが、
壁を取っ払いもう一台入れられるようにしました。

ここは屋根がフラットですので、
この冬の豪雪には雪下ろしをしたところです。
あやうく愛車がぺちゃんこになる程の積雪でしたねぇ…

鉄柱も痛んでいましたので、
今日は新たな柱を溶接してもらっています。

これでショップ前に当社の駐車場があるのですが、
来客用に5台分確保出来ました。

せっかくの郊外ですからね。
駐車場の心配をしなくていいようにしておかないと!







天井はたまたま合掌になっていましたので、
(なにしろ15年前に市街から越して来た時からあった古い倉庫です)
形をそのまま活かすことにしました。

防音と断熱を兼ねて、もう10cmの厚みを付けてもらっている最中です。



カウンターを送って下さった今さん(秋田県)から
メールで銀杏の素性を教えてもらいました。

近くの神社の神木だったそうです。
直径は1mを超える銘木で、
倒木の前に御払いをなさって伐採、製材され、
縁有って私の所へ来てくれました。

今回沢山の品をネットで調達していますが、
余りに多種に渡るので業界の人間ではなく、
カフェを作る為に自分で使うんだということを一言付け加えています。


それに対して通り一遍のお返事以外に、
「オープンおめでとうございます!成功をお祈りしています」
「私もやりたいと思っていますのでHPをお知らせください」
「とかく用事だけになるやり取りなのにこんな一言があって嬉しかった」
様々な嬉しいお返事を頂いています。

今さんとは胡風居のHPが完成した折りには
「リンク」させて頂くことになりました。


この後始めるアイスの通販にも心遣いを忘れないようにと、
メンバーにこの話をしています。

ネットの向こうに、
機械ではなく、
あたたかい血の流れる人たちがいらっしゃる!

コミニュケーションが大切なことは、
人である以上ネットでも同じことだと痛感する日々です。


いよいよ工事開始です

今日は暖かくてお天気もまずまずといった一日。

朝早くからまず解体から始まったようです。
ようです、というのは私は県外に行ってまして、
息子が監理をしてくれてましたから。

「事件は現場で起きる」なあんて映画のサブタイトルありましたけど、
実際に解体してみると玄関がスロープでは急過ぎることが判明。

午後帰宅した時に現場監督が「どうします?」と聞いて来ました。

一段の階段になりそうですが、
そうなると車椅子の方には入り辛くて…

明日更に打ち合わせをして決めることになっています。

テラスのコンクリート打ちを明日するので、
玄関部分も一緒に施工してもらわなくちゃなりません。





明日は前面の窓が入っている壁部分も全部撤去されます。

左の車庫は2台入るように前を広げました。
ここも道とは段差があるので、むむむ…と言った感じです。

しかし、とうとう動いてしまいました!

もうもう前を向いてやるっきゃないぜよ!!

いよいよ始まります



予算と見積が合わなくてあれこれ調整を重ね、
やっと今週から工事に掛かることになりました。

図面の黄色の部分が新規に建てる箇所です。

といっても上の黄色部分(厨房とトイレね)は大きな倉庫の中!

前の三角は屋根も壁も窓もあるテラスになります。
窓には格子を入れて昔の民家らしく仕上げますが、
立山連峰は望めるはずです。

既存部分との間にどうしても柱が一本残りますが、
掃き出し窓は4枚共戸袋に収納して全面開放になるようにしました。

左下の玄関の小屋根は黒い瓦葺きです。
入口までのスロープはわずかな面積ですが、
ちょっと面白いものに仕上げますから乞う御期待!


真ん中の白い部分は既存のアトリエだったところで、
天井高が4メートル強あります。

黒い梁と柱、白い塗り壁で仕上げます。

奥のトイレは友人の陶芸家に洗面ボール、
黒で月の模様が入るものを特注していますが、
これはうちでもオーダーを承れることになります。

あと、細かいドアノブや飾り棚などはこれにはありませんが、
う〜んと繊細なものをと選びに選んでいる最中。

基本は「どこにもない」もの!!



いやいや、とにかく予想以上にお金は掛かるものです。

最初に予算は告げてあったのですが、
倍近くの見積もりが出て来ましてね。

冷蔵庫のありものでおかずを作ってくれって頼んでいるのに、
わざわざ高い材料を買い出しに行くようなもんじゃん!!(笑)って、
担当の方に苦笑いしながら交渉しました。

とても誠実な会社で古いおつき合いですから、
上乗せ部分が大きいのではなくて、
新築の住宅を建てるという意識から離れないって感じだったんですよね。

奥の部分は大きな建物の中ですから雨漏りの心配もしなくていい、
間柱だけ建ててもらって後はうちで断熱材とボードを貼るとか、
材料はうちの出入りの材木屋さんから取ってもらって、
仕入れの支払いは直接うちでやるとかいう方法で、
なんとか目安の金額まで持って来ました。


驚いたのは業務用のエアコン。
ネットのショップでは新製品が定価の1/4で出ています。

照明器具、便器、家具などもネットで手に入れました。

いやこういう時こそ、
価格にも品物にもこだわってネットを活用すべきです。


座ったままで何万という品物の中からチョイス出来るのですから。



という訳でいよいよ工事に掛かります。
またおいおいと報告しますね。

初めまして!

「風の盆」で知られる八尾(やつお)に会社を起こして一年。

幽玄な踊りや歌だけではなく、
坂の町に連なる四季折々に美しい町家も見て頂きたい、訪ねて頂きたい、
その一翼を担えればとショップ開店の準備をして来ました。

???φ》?j???¬??? class=


八尾の町への通年観光客は70万人ありますが、
関係者の努力の賜物である数々のイベントが組まれても、
まだ町並そのものを楽しんで頂くところには程遠いのが現状です。

いつの日か必ず沢山の方に、
「いつか訪ねてみたい」と思ってもらえる町になっていく事が私達の希望です。

その為に八尾にしかないモノをと色々商品開発を進めて来ました。

当地の八尾にお店を開くのにはもう少し時間が掛かりますが、
とりあえず富山市内の郊外に一号店をオープンさせてみることにしました。

晴れた日には立山連峰が美しく見渡せる田園の中です。

八尾の風景とはかなり違いますが、
またここにしか出せない雰囲気の中でセレクトした商品を販売致します。

オープンは5月末を予定しています。

ここではオープンまでの準備に奔走(^^;する様子を載せていきます。


サブタイトルは…胡(いにしえの月)と風の居場所…

モノクロを基調カラーに、
「月」と「風」にちなむモノたちを色々揃えていきますので、
奮闘振りを覗き見して頂きながらオープンを楽しみにして下されば幸いです!


カテゴリー

最新記事

archives

最新コメント

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM