Blog TOPページ | 営業カレンダー | 店内/お持ち帰りメニュー | 地図 お問い合わせ

黒七味のこと

素敵な男性お二人が先日に続いて、
黒七味のパフェを召し上がって下さいました。

そうなんですよね。

パフェは女性だけのものではありませんし、
特にうちのソフトクリーム自体がさっぱりしていて、
辛党の方にもイケル!と思っていました。

何度も言いますが、
京都祇園の原了郭さんの黒七味という、
とても素晴らしい商品あってこそのうちのメニューです。


一年以上前「一見さんお断り!」の京都の老舗にお願いするのは、
田舎者にはとても勇気の要ることでした。

どこの馬の骨ともわからない、しかも県外の人間が、
「黒七味を入れたデザートを作らせてください。
 ついては"黒七味"の名前を使わせて頂けませんか?」
なあんていきなり言われてももすぐに「OK!です」と私だって言えません。

「同じ京都の組合員さんがおもちに黒七味の名前をつけると言われた時にも
 お断りした経緯がありますので…
 何か他の名前を付けて頂くわけにはいきませんか?」

お電話でそう言われました。
そりゃあ、ほんとに仰る通りです。


京都の伝手を辿ってお願いしようかとも考えましたが、
そんなもの、勿論ありませんし(^^;

そこで、うちのHPの中のコンセプトというページを読んでもらうとわかりますが、
自分たちの"理想"と"目標"を図々しく何枚も書いてFAXで送らせて頂きました。


3回目にお電話で、
「お気持ちはよくわかりましたよ。
 そしたら、うちとこの会社の名前、原了郭黒七味入り、
 と入れて下さるのであればどうぞお使いください」
と仰って下さいました。

で、アイスクリームの正式名称は、
「京都祇園原了郭 黒七味入り"はんなり"七味」です。

この話はあちこちで書いてもいますが、
最近新たにブログを読み始めて下さっている方が多いので改めて書かせてもらいます。


試食をして頂き「美味しい」と言って頂いてから、
このアイスクリームの販売を開始してちょうど一年になります。



偶然にも友達が口にした「アイスに入れてみたら?」というヒントがなければ、
存在しなかったアイスクリームですが、
大事に大事に守り続けて来られた商品を、その名前を、
使わせて下さってる原了郭さんあってのものです。


製法特許を申請するのにも快諾を頂きました。

黒七味の模倣品が全国に出ていますから、
黒七味入りのアイスクリームもひょっとしたら真似をされるかしれない。
そうするとまた原さんに御迷惑が掛かる、ということで申請致しました。

「家内で手を掛けて少しずつしか作れませんから、
 沢山の量を求められてもお応えできないのが心配です」
そう言われて決して大量生産を求めるようなことはしない、とお約束しました。


特許を申請させてくださいと申し出た時の奥様の言葉はまた殊に嬉しかったです。

「黙ってうちの黒七味の名前を使ってるとこはありますけど、
 こんな風に正面からお願いされたんは初めてでしたよ」って。



原了郭さんには黒七味以外にも美味しいラインアップがありますから、
是非一度試してみて下さい。

お蔭様で1000人突破!

このHPの方は7月半ばから、
ご来店の方はギャラリーに遅れて開店した6月始めから、
どちらもご来店がのべ1000人を越えました。

嬉しいことです。

手作りのHPに、
また片田舎にひっそり構えた小さなお店に、
本当にようこそ訪ねて来て下さいました。

カフェの方はオリジナルなメニューを揃えたこともあり、
順調な滑り出しとなりました。

i-toyamaを勧めて下さったCAPのR君、ありがとうね。
今もi-toyamaからは沢山アクセス頂いています。

ご来店は今日、小学生の女の子たちが多かったみたいでした。
小さなレディたちの故郷の思い出のワンシーンに、
胡風居でのひとときが残れば幸いです。

そうそうカップルも多かったですねぇ。

実はテラス席のテーブルは二人の距離感に配慮してあるんですよ。
膝と膝が付くか付かないか、の距離ね(^^)

窓際のテーブルは大きめのがっしりしたタイプなので、
図面を広げての打ち合わせにも最適です。

腰が深く沈み込んでしまう壁際の籐のセットは、
いずれもう少し座り心地の良いものに替えるつもり。

お店のスタッフに少しでも気遣うことなく、
ゆったりとここで過ごして頂きたいものです。


そうそう、今日「コーヒーフロートはありませんか?」と聞かれて、
急遽お作りしたお客様がありました。

こ〜んな我が儘(^^;どうぞ言ってみてください。
スタッフにとってもいい勉強になりますからね。

外まわり


倉庫西側です。

倉庫北側、高速道路側です。

庭を作った東側です。

改装したのは中ばかりじゃありません。
大きな倉庫もバタバタで、
このままじゃ食べ物屋さんはやれないんじゃないか、
そーんな感じになってました。

壁面を全部「黒」にして窓ガラスは白いシートで外から覆ってしまいました。
ところどころささやかなサインを貼っています。

個人のHPの方に以前UPしましたが、
2年前の台風20号で屋根が飛んだ姿をご存知の方には驚いて頂けるほど
綺麗に、また迫力のある建物になったと思っています。

うちのスタッフがオープンに合わせて頑張ってくれました。
欲張りな私は、
こんなんだったらあの時屋根の色を黒にしとけば良かった(^^;なあんて…

いやいや、そんなことしてたら
ここはまるで「やーさん」の住処になるとこでした!



大通りに看板を出したらどうだねと何人もの方に言ってもらいますが、
主人は人の地面を借りて看板を建てることがとても嫌いでしたので、
私はその遺志も引継いでいこうと思っています。


本業は「看板屋さん」でもあるのにね…(^^;

テラス側


昨日UP出来なかったカウンター側からテラスに向かった写真です。

掃き出し窓は4枚共壁面に収納できますが、
今日のように家族連れとアベックが重なった時には、
そこを閉めてあげるとどちらもくつろげるようでした。

まだカフェは営業出来ませんので、
来られた方にコーヒーを無料でお出ししています。

うちにしてもいいトレーニングになりますからね。

さて、来月は書道-「雪月花」をテーマに-
7月にはコンピューターグラフィック-「月」-の個展が決まりました。

8月にガラスと水彩画が決まっています。

沢山の方に見て頂きたいものですね。





60%進んでます



なんとか外壁工事まで進んで来ました。

といっても玄関ドアなどは今日打ち合わせをしたばかりだし、
中の壁はまだむき出しになってます。

それでも銀杏のカウンターはつきました!

玄関脇の目隠しの壁にはシンプルなステンドグラスが入りました。
あと、厨房とトイレの壁にも格子風のステンドグラスを入れます。

2坪のテラスが意外に広さを感じます。
ここは照明を落として椅子は向き合わせないで外に向け、
ぼーっとしてもらえる空間になればと思っています。

保健所には息子が何度か通ってアドバイスをもらい、
飲食業と製造業の申請をして来ました。

厨房は独立させないと真ん中にディスプレイスペースは取れないとか、
ソフトクリームは市販の材料でなければ、
別に調合室を設けろとか、
でもテラスと喫茶室がドアで仕切れるのなら、
ペットは大丈夫だとか…

で、厨房が独立していると今度は風通しがダメだから、
消防の許可が出ないとか…

なかなか役所への申請は難しいものがあります。


だいたいのインテリアも揃ったところで気が付いた…
「看板、どーしょう?」

せっかく自然素材中心で組み立てて来たのに、
ここでアクリルは使いたくない。

「う〜ん」と数日迷って現場へ行くとカウンターがついてましてね。
その脇にちょうど手頃な大きさの銀杏の板が余ってました。

大きさも風格もぴったり!

で、ここでまたプラスチックの切り文字はのせたくない!

そう彫ることにしました。
仕上がったらまたUPしますね。


写真の右手前にあるのは、
道祖神でもお地蔵様でも戦争の碑でもなく、
観音様です。
こんな所に観音様があるなんてとても珍しいんだそうです。

こちら側の窓のすぐ外に電信柱が立ってまして、
せっかくの田園風景が台なし!

で、竹垣を組んで坪庭を作ることにしました。
庭から椿と紫陽花を移して季節の花を植えます。

水鉢も置いて金魚なぞ入れておくのもいいですよね。


まだまだこれからの工事の方が大変です。
あと10日でどこまで出来るやら…

保健所の検査は22日です。



連休中も工事です

二日留守をしている間に外観が出来上がって来ました。

わずか二坪のテラスですが、
既存部分との間に掃き出し窓が付きますので、
どうやら「犬」連れの方にも利用して頂けそうです。

ドッグカフェとまではいきませんが、
散歩の途中に立ち寄られてもOKです。

天井に防音と断熱の処理をしてもらうのは、
終了しました。



この写真では左手に
まだシャッターが付いていた空間が空いていますが、
塞がれて壁面になります。

ここがギャラリー部分です。

ピンを射すこともあるのでここの塗壁は変更して、
ピン跡が残らない壁紙にします。

今日の写真には載せませんが、
ギャラリーの反対側がカフェ。

こちらには大きな窓が二つ付きますので、
ず〜っと先までのどかな田園風景を眺めることが出来ます。
今は水が入った田圃になってますけどね。

駐車場から撮った正面左の小屋根は瓦葺きです。



まだ白い紙に包まれた建物ですが、
壁面は黒、窓には格子が入ります。

一日一日形になって行くのを見るのは楽しみなことですが、
現実に動き出す日を思えばただただ身震いするばかりです(^^;

天井&カウンターその2

ゴールデンウイーク真っ盛りですが、
今日も工事は進んでいます。

ショップ横のスペースは私の車が一台入るだけでしたが、
壁を取っ払いもう一台入れられるようにしました。

ここは屋根がフラットですので、
この冬の豪雪には雪下ろしをしたところです。
あやうく愛車がぺちゃんこになる程の積雪でしたねぇ…

鉄柱も痛んでいましたので、
今日は新たな柱を溶接してもらっています。

これでショップ前に当社の駐車場があるのですが、
来客用に5台分確保出来ました。

せっかくの郊外ですからね。
駐車場の心配をしなくていいようにしておかないと!







天井はたまたま合掌になっていましたので、
(なにしろ15年前に市街から越して来た時からあった古い倉庫です)
形をそのまま活かすことにしました。

防音と断熱を兼ねて、もう10cmの厚みを付けてもらっている最中です。



カウンターを送って下さった今さん(秋田県)から
メールで銀杏の素性を教えてもらいました。

近くの神社の神木だったそうです。
直径は1mを超える銘木で、
倒木の前に御払いをなさって伐採、製材され、
縁有って私の所へ来てくれました。

今回沢山の品をネットで調達していますが、
余りに多種に渡るので業界の人間ではなく、
カフェを作る為に自分で使うんだということを一言付け加えています。


それに対して通り一遍のお返事以外に、
「オープンおめでとうございます!成功をお祈りしています」
「私もやりたいと思っていますのでHPをお知らせください」
「とかく用事だけになるやり取りなのにこんな一言があって嬉しかった」
様々な嬉しいお返事を頂いています。

今さんとは胡風居のHPが完成した折りには
「リンク」させて頂くことになりました。


この後始めるアイスの通販にも心遣いを忘れないようにと、
メンバーにこの話をしています。

ネットの向こうに、
機械ではなく、
あたたかい血の流れる人たちがいらっしゃる!

コミニュケーションが大切なことは、
人である以上ネットでも同じことだと痛感する日々です。


いよいよ工事開始です

今日は暖かくてお天気もまずまずといった一日。

朝早くからまず解体から始まったようです。
ようです、というのは私は県外に行ってまして、
息子が監理をしてくれてましたから。

「事件は現場で起きる」なあんて映画のサブタイトルありましたけど、
実際に解体してみると玄関がスロープでは急過ぎることが判明。

午後帰宅した時に現場監督が「どうします?」と聞いて来ました。

一段の階段になりそうですが、
そうなると車椅子の方には入り辛くて…

明日更に打ち合わせをして決めることになっています。

テラスのコンクリート打ちを明日するので、
玄関部分も一緒に施工してもらわなくちゃなりません。





明日は前面の窓が入っている壁部分も全部撤去されます。

左の車庫は2台入るように前を広げました。
ここも道とは段差があるので、むむむ…と言った感じです。

しかし、とうとう動いてしまいました!

もうもう前を向いてやるっきゃないぜよ!!

いよいよ始まります



予算と見積が合わなくてあれこれ調整を重ね、
やっと今週から工事に掛かることになりました。

図面の黄色の部分が新規に建てる箇所です。

といっても上の黄色部分(厨房とトイレね)は大きな倉庫の中!

前の三角は屋根も壁も窓もあるテラスになります。
窓には格子を入れて昔の民家らしく仕上げますが、
立山連峰は望めるはずです。

既存部分との間にどうしても柱が一本残りますが、
掃き出し窓は4枚共戸袋に収納して全面開放になるようにしました。

左下の玄関の小屋根は黒い瓦葺きです。
入口までのスロープはわずかな面積ですが、
ちょっと面白いものに仕上げますから乞う御期待!


真ん中の白い部分は既存のアトリエだったところで、
天井高が4メートル強あります。

黒い梁と柱、白い塗り壁で仕上げます。

奥のトイレは友人の陶芸家に洗面ボール、
黒で月の模様が入るものを特注していますが、
これはうちでもオーダーを承れることになります。

あと、細かいドアノブや飾り棚などはこれにはありませんが、
う〜んと繊細なものをと選びに選んでいる最中。

基本は「どこにもない」もの!!



いやいや、とにかく予想以上にお金は掛かるものです。

最初に予算は告げてあったのですが、
倍近くの見積もりが出て来ましてね。

冷蔵庫のありものでおかずを作ってくれって頼んでいるのに、
わざわざ高い材料を買い出しに行くようなもんじゃん!!(笑)って、
担当の方に苦笑いしながら交渉しました。

とても誠実な会社で古いおつき合いですから、
上乗せ部分が大きいのではなくて、
新築の住宅を建てるという意識から離れないって感じだったんですよね。

奥の部分は大きな建物の中ですから雨漏りの心配もしなくていい、
間柱だけ建ててもらって後はうちで断熱材とボードを貼るとか、
材料はうちの出入りの材木屋さんから取ってもらって、
仕入れの支払いは直接うちでやるとかいう方法で、
なんとか目安の金額まで持って来ました。


驚いたのは業務用のエアコン。
ネットのショップでは新製品が定価の1/4で出ています。

照明器具、便器、家具などもネットで手に入れました。

いやこういう時こそ、
価格にも品物にもこだわってネットを活用すべきです。


座ったままで何万という品物の中からチョイス出来るのですから。



という訳でいよいよ工事に掛かります。
またおいおいと報告しますね。

初めまして!

「風の盆」で知られる八尾(やつお)に会社を起こして一年。

幽玄な踊りや歌だけではなく、
坂の町に連なる四季折々に美しい町家も見て頂きたい、訪ねて頂きたい、
その一翼を担えればとショップ開店の準備をして来ました。

???φ》?j???¬??? class=


八尾の町への通年観光客は70万人ありますが、
関係者の努力の賜物である数々のイベントが組まれても、
まだ町並そのものを楽しんで頂くところには程遠いのが現状です。

いつの日か必ず沢山の方に、
「いつか訪ねてみたい」と思ってもらえる町になっていく事が私達の希望です。

その為に八尾にしかないモノをと色々商品開発を進めて来ました。

当地の八尾にお店を開くのにはもう少し時間が掛かりますが、
とりあえず富山市内の郊外に一号店をオープンさせてみることにしました。

晴れた日には立山連峰が美しく見渡せる田園の中です。

八尾の風景とはかなり違いますが、
またここにしか出せない雰囲気の中でセレクトした商品を販売致します。

オープンは5月末を予定しています。

ここではオープンまでの準備に奔走(^^;する様子を載せていきます。


サブタイトルは…胡(いにしえの月)と風の居場所…

モノクロを基調カラーに、
「月」と「風」にちなむモノたちを色々揃えていきますので、
奮闘振りを覗き見して頂きながらオープンを楽しみにして下されば幸いです!


カテゴリー

最新記事

archives

最新コメント

  • 新作/クレームブリュレ&ショコラオレンジ/3月9日(金)〜
    むー
  • 新作/クレームブリュレ&ショコラオレンジ/3月9日(金)〜
    なー
  • クリームブリュレいかがでしょう?
    むー
  • オーダーストップの時間についてのお願い
    むー
  • オーダーストップの時間についてのお願い
    むー
  • オーダーストップの時間についてのお願い
    ゆみ
  • クリームブリュレいかがでしょう?
    れいか
  • オーダーストップの時間についてのお願い
    yo-ta
  • 新作/クレームブリュレ&ショコラオレンジ/3月9日(金)〜
    むー
  • 新作/クレームブリュレ&ショコラオレンジ/3月9日(金)〜
    むー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM